石鹸のすゝめ

主人と4人の我が子の敏感肌・アトピーを治す!と奮闘している石鹸が好きな湯子のブログです。

【石鹸図鑑】無印良品 バスソープ

石鹸図鑑【無印良品 バスソープ】


f:id:yukoss:20190820163940j:image


f:id:yukoss:20190820163959j:image


f:id:yukoss:20200703142733j:image

 

成分表

・パーム脂肪酸Na

・パーム核脂肪酸Na

・水

・パーム脂肪酸

・パーム核脂肪酸

・塩化Na

グリセリン(油脂に含まれる保湿成分)

・EDTA‐4Na(エデト酸四ナトリウム、酸化防止、変色防止、安定化作用、殺菌作用)

・エチドロン酸(石鹸の沈殿をふせぎ、起泡を維持する)

 

おそらく、「パーム核脂肪酸Na~水」までが「石ケン素地」(石ケン素地には色々な表記の仕方があります。)その下の「パーム脂肪酸グリセリン」は、石鹸になり切れなかったごくわずかに残ってしまった石ケン素地の原料成分。なので、添加物は「EDTA‐4Na」と「エチドロン酸」のみになるのではないでしょうか。

塩化Naが含まれているので、塩を使って原料である油脂に含まれる不純物を取り除き、石鹸の純度を高めています。

 

湯子による評価

さっぱり ★★★★★

しっとり ★★☆☆☆

泡立ち  ★★★★☆

コスパ  ★★★★☆

 

完全無添加ではありませんが、無香料・無着色で、泡立ちも申し分なく、使い心地も良いです。特に男性におすすめの石鹸です。


f:id:yukoss:20190820164111j:image

小さくなった石鹸はくぼみに入れて一緒に使うことができ、とても便利です。

片面のくぼみも良い仕事をしてくれています。超敏感肌+アトピー主人も気に入ってくれました。無印良品のネットショップのレビューも高評価です。(5つ星中4つ)←2019年8月現時点

 

ダイソーに売られている「自然派せっけん 無添加」に似ている気がします。

 

yukoss.hatenablog.com