石鹸のすゝめ

主人と4人の我が子の敏感肌・アトピーを治す!と奮闘している石鹸が好きな湯子のブログです。

【一石二鳥】虫刺され予防にはお肌に優しい固形石鹸で身体を洗うだけでOK!


f:id:yukoss:20200508060455j:image

こんにちは、湯子です。

 

暑い夏が終わると、次は秋です。やっと涼しくなり、虫刺されから解放されると思っていませんか?実は秋でも蚊はいます。むしろ気温が落ち着いた頃に、蚊は産卵するために血を吸いだします。今年は猛暑日で30℃超えばかりでしたから、暑くて活発に動けなかった分、秋にたくさん動き出す蚊もいるのではないでしょうか。

 

虫に刺されないようにするには、市販の虫よけスプレーや虫よけシールと様々な商品が並んでいますが、それよりも簡単に、しかもお肌に負担をかけずに虫よけ対策が出来てしまうのです。

 

【石鹸で身体を洗うだけで虫に刺されにくくなる?!】


f:id:yukoss:20190821143819j:image

 

2019年6月9日に放送された「ザ・鉄腕ダッシュ」の番組を振り返りながら、詳しく説明していきます。

 

原因は体臭ではなくて、菌?

事のきっかけは妹思いのお兄さん。妹ばかり虫に刺されてかわいそうになり、お兄さんは蚊を家で飼い始め、原因を調べる事にしたのです。まず始めにニオイが関係してると思ったお兄さんは、妹の汗をたくさん吸った防止や洋服を蚊に近づけましたが、反応はありません。今度は靴下を近づけると蚊が活発に動き出しました。しかし、靴下を嗅いでもニオイはしません。原因はニオイでは無かったのです。そこでお兄さんは妹の足を調べてみました。すると、妹さんはお兄ちゃんに比べ、常在菌が約3倍ある事が分かりました。足を洗浄(除菌)することにより、妹さんは蚊に刺されにくくなりました。

 

【常在菌とは?】

常在菌とは、人間の身体に存在する無害(病原性を示さない)の菌です。

常在菌(常在細菌)は健康な人にも存在する菌で、私たちの健康にとって欠かせない菌です。皮膚だけでなく、身体の中にもいます。外部からの悪い菌の増殖を防ぎ、外部的刺激(紫外線など)からも守ってくれます。

 

ダッシュ島では、ハゼの実と灰から作ったアルカリ水溶液で石鹸を一から作り出し、その石鹸を、虫刺されに悩まされていたリーダー(城島)に使ってみることにしたのです。

 

身体を石鹸で洗浄したリーダーは、ほぼ全裸(腰にタオルを巻いているだけ?)で森の中に入っていきます。最も蚊が好む湿度が高い場所に立ち、蚊に刺されるか検証。

結果は…リーダーの身体に蚊は止まりますが、刺してはいかないみたいです。あと、何故だか良くハエが止まりました。(笑)

 

【ボディソープではダメなの?】


f:id:yukoss:20190821143923j:image

 

ボディソープでも効果はあるのかははっきりわかりませんが、石鹸が好きな私から言わせていただくと、ボディソープと石鹸は別物なので、より効果を実感したいのなら石鹸なのかなと思います。

 

身体にいる常在菌ですが、石鹸で洗い流してもまた常在菌は半日ほどで回復(復活)します。

また、アルコール除菌シートで拭いても石鹸と同じ効果があるみたいです。

 

つまり石鹸はアルコール並みに除菌出きると言うことですね。これはウィルス対策にも効果がありそうです。

 

とめ

夏になると虫刺されに悩む方は多くいると思いますが、実は涼しくなるこれからが本番。蚊が反応してしまう常在菌を石鹸で綺麗に洗い流し、綺麗なお肌を保ちましょう。また、石鹸は小さなお子様にも安心して使えますので、家族みんなで虫刺され対策しても良いかもしれませんね。

とはいえ、一日に何回も洗浄したり、ボディタオルでゴシゴシしたりするのはNGです。一日一回、良く泡立ててから泡を身体に塗るように優しく使用し、お湯で十分洗い流して下さい。