石鹸のすゝめ

主人と4人の我が子の敏感肌・アトピーを治す!と奮闘している石鹸が好きな湯子のブログです。

固形石鹸と液体石鹸のを比較【作り方・洗浄力・コスパ】

こんにちは、石鹸大好き湯子です。

 

f:id:yukoss:20201124131353j:plain

固形石鹸が肌に良いのは分かっているけど、いちいち泡立てるのが面倒だなと感じだ事はありませんか?とはいえ、ボディーソープ(合成洗剤)は使いたくない…。そこで見つけた液体石鹸。液体石鹸と固形石鹸、どちらも石鹸には変わりないのですが、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、固形石鹸と液体石鹸の違いを説明していきます。

 

そもそも液体石鹸とボディーソープは何が違うのか?

 

固形石鹸と液体石鹸とボディーソープの違いが何なのか分からない方に質問です。

 

f:id:yukoss:20200502073516j:plain

 

こちらの2つ商品。見た目も会社も同じですが、成分も同じだと思いますか?固形か液体の違いだけだと。

 

f:id:yukoss:20200502073747j:plain

固形石鹸には成分が「石ケン素地」と書かれています。これは石鹸の原料、石鹸成分のみの無添加石鹸です。

では、液体の方はどうでしょう?

f:id:yukoss:20200502073936j:plain

水、ミリスチン酸K、DPG、パルミチン酸K…などなど。 

これは石鹸ではなく、合成洗剤です。

一般的にボディーソープと呼ばれているものは、石油を化学合成して作られた合成洗剤です。

 

f:id:yukoss:20201124131221j:plain

 

ちなみにこちらの商品は、合成洗剤でしょうか、石鹸でしょうか?

 

f:id:yukoss:20201124131315j:plain

 

全成分:水、カリ石ケン素地

 

こちらは液体石鹸です。

石鹸(液体石鹸を含む)は動植物の油脂を苛性ソーダと混ぜ合わせ反応させて作られています。

見分け方としては、「成分表」を見る事です。成分表に「石鹸素地」「カリ含石ケン素地」などと書かれているものは「石鹸」です。カタカナの成分がずらずらと書かれているものは、ほぼ合成洗剤だと思います。

見た目は同じに見えますが、中身は全く違います。

 

それでは、固形石鹸と液体石鹸の違いを見ていきましょう!

 

作り方

固形石鹸は植物の動油脂と、水酸化ナトリウムというアルカリ剤を反応させて、石鹸の素を作ります。それを冷やし固めたのが固形石鹸。

 

液体石鹸は植物の動油脂と、水酸化カリウムと反応させて出来た石鹸。水に溶けやすく、石鹸を液状にしてくれます。

水酸化カリウムと反応させた石鹸素地は、『カリ石鹸素地』『カリ含有石鹸素地』という表記になります。

 

ちなみに固形も液体も『弱アルカリ性』です。

 

洗浄力

固形石鹸は98%が洗浄成分(純石鹸)で、ホットプロセス、コールドプロセスで作られた石鹸は60~70%程になります。(市販の固形石鹸は98%の石鹸が多いです)

 

液体石鹸は、洗浄成分が約30%と言われており、残りは水分です。


f:id:yukoss:20201116103657j:image

 

固形石鹸で髪を洗った時、髪がものすごくきしむ経験をしたことありませんか?もともと髪の毛は弱酸性、石鹸は弱アルカリ性なので、石鹸で洗うと髪のキューティクルが開いてしまい、髪がきしんでしまいます。

石鹸シャンプーに液体が多いのは、髪に負担をかけない丁度良い洗浄力だからだと思っています。とはいえ、固形でも液体でも結局髪はきしみます(笑)


f:id:yukoss:20201116105628j:image

また、固形石鹸よりもマイルドな洗浄力は、敏感肌の赤ちゃんにも使えます。個人的には固形石鹸が好きですが、液体石鹸の方が洗いすぎるという事は無いと思います。

 

コスパ

固形石鹸は1個100円~150円、あるいは3個パックで300円くらいです。ベビー石鹸だと300円~1000円くらいのもあります。固形石鹸の方はゴミも少なく、買ったとしても場所を取りません。家族で使っても、液体石鹸よりは長く使えると思います。

 

液体石鹸は500円~800円くらいで、固形石鹸に比べると割高です。液体石鹸は、プラスチック容器に入っていて、市販のボディソープとほぼ変わりません。詰め替えはかさばり、プラゴミも出ます。

 

まとめ

固形石鹸は油脂と水酸化ナトリウムを反応させて作られていて、液体石鹸は油脂と水酸化カリウムを反応させて作られてます。洗浄力は固形石鹸の方が強いため、しっかりと汚れを落としてくれますが、人によっては強すぎる事もあります。そのような場合は、洗浄力がマイルドな液体石鹸で洗うと良いかもしれません。コスパやゴミの事を考えると固形石鹸の方が良いですが、利便性は液体石鹸です。

 

どちらも石鹸なのには変わりありませんので、自分のライフスタイルに合った石鹸をお選び下さい。

  

yukoss.hatenablog.com

 

 

yukoss.hatenablog.com