石鹸のすゝめ

主人と4人の我が子の敏感肌・アトピーを治す!と奮闘している石鹸が好きな湯子のブログです。

【リバッチ石鹸】小さくなった石鹸を削って煮て石鹸を作ってみた

こんにちは、湯子です。


f:id:yukoss:20200828130354j:image

今回は、小さくなった石鹸や、途中で止めた石鹸などを削って、リバッチ石鹸にしたいと思います。

 

yukoss.hatenablog.com

 

前回は、削って湯煎しましたが、石鹸が荒い状態で、固まってもボロボロと崩れる結果になりました。今回は使わなくなったお鍋で、じっくり煮ていきたいと思います。

 

では、早速作っていきましょう!

 

1、石鹸を削る


f:id:yukoss:20200828130453j:image

 時間が経った石鹸は、カッチカチで固く、削りにくくなっています。

 

2、水、オリーブオイルを加え、弱火で煮る

f:id:yukoss:20200828130640j:image
お水を加え(石鹸が覆い被さるくらい)、オリーブオイルと、家にあったグリセリン(保湿成分)を大さじ5程入れました。グリセリンは無くても結構です。

緑色の石鹸と黒色の石鹸が相まってチョコミントアイスのように見えます。

 

3、水を追加


f:id:yukoss:20200828130625j:image

 

水の量が足りなかったので、少し足しました。

 

4、水分が蒸発(笑)


f:id:yukoss:20200828131142j:image

どこまで混ぜれば良いのか分からず、とりあえず石鹸の粒が無くなるまでと思ったら、水分が飛んで塊になってきました。

水を足した段階で止めれば良かったです。(あれ?デジャヴ?笑)

 

5、型に流し込む(押し入れる)


f:id:yukoss:20200828131226j:image

 

シリコンの型に空気が入らないように入れました。

チョコミント色してた石鹸が、ガムを噛んだ後のような色に…。

 

お肌に使えるのか心配…。

固まったらまた追記します。