石鹸のすゝめ

主人と4人の我が子の敏感肌・アトピーを治す!と奮闘している石鹸が好きな湯子のブログです。

【コスパ最強】おすすめ全身石鹸6選【髪・顔・体これ1つあれば良い!】

こんにちは、石鹸大好き湯子です。

 

さて、皆さんは普段お風呂に入る時、何で身体を洗っていますか?一般的に、髪にはシャンプー、リンス、体はボディソープ、顔は洗顔料と、使い分けて使っていますよね。

確かにそれぞれの部位に合った洗浄剤で洗うことは悪いことではないのですが、それぞれを買い揃えるとコストがかかってしまいますし、お風呂場の場所を占領してしまいませんか?お風呂場に容器をたくさん置くと、カビやぬめりを取るのが大変ですし、衛生的にもあまりよくありません。


f:id:yukoss:20220628142334j:image

そこで今回、お風呂場にたった1つだけあるものを置くだけで、シャンプー、ボディソープ、洗顔料、これらをすべてを賄えるものがあるのです。それは石鹸です。

今回は、その石鹸についてお話したいと思います。このご時世もあるため、できるだけシャンプーやボディソープ代を節約したい方、お風呂場をスッキリさせたい方、おすすめの全身使える石鹸を知りたい方などに読んで頂きたいです。

ちなみに、我が家は私以外みんな敏感肌なので、赤ちゃんから使えるお肌に優しい石鹸をご紹介します。

 

合成洗剤と石鹸の違い

普段私達が使っているシャンプーやボディソープは「合成洗剤」という洗浄剤で、台所用洗剤や洗濯洗剤も同じです。比較的安価で手に入りますが、合成洗剤界面活性作用が長い時間持続するため、肌に残留してしまうと肌への刺激に繋がってしまいます。肌バリアが低下すると、アレルゲンが入りやすくなり、アトピーなどの肌トラブルにもなりかねません。

洗い流したのに肌がヌメヌメする感じを経験した事はありませんか?もしかしたら、合成洗剤が肌に残っているのかもしれませんよ。

また、合成洗剤は分解性が低く、水を綺麗にする微生物まで破壊してしまい、飲み水にするまでに水を大量に使って薄めないといけなくなるため、環境に優しいとは言えません。

とは言うものの、現在は環境に考慮したサステナブル合成洗剤も多く売られているので、持続可能な社会を実現するため、これからもっと環境に優しい合成洗剤が出てくるかもしれませんね。

 

一方、石鹸は界面活性作用が短く、役目を終えると石鹸カスとなり、微生物の餌となり自然に還っていきます。肌に浸透する事は無く、肌表面の皮脂汚れや菌を洗い流してくれるため、肌はキュッとさっぱりとした状態になります。肌についている良い菌も悪い菌も洗い流すため、一部の方には「石鹸は肌を洗いすぎている」と感じる方もいると思います。良い菌はまた増殖して肌に住み着くので、個人的には石鹸でお肌を清潔に綺麗にすることが大切だと思います。

 

どの石鹸も洗えるとは限らない


f:id:yukoss:20220628230401j:image

石鹸にも様々な種類があり、シャンプーに向いている石鹸、向いていない石鹸があります。基本的に、市販で売られている表面がツルッとしている石鹸は、機械で練ってプレスされている機械練り石鹸というもので、洗浄力が高く、顔や髪に使えなくはないですが、かなりつっぱりやきしみを感じるかと思います。


f:id:yukoss:20220628230411j:image

石鹸で全身を洗う場合は、枠練り石鹸か、液体石鹸がおすすめです。

枠練り石鹸は、枠に石鹸を流し込み、時間をかけてゆっくり固められるので、保湿成分が程よく溶け込むため、機械練り石鹸よりつっぱりやきしみは少ないです。

 

枠練り石鹸よりもさらにきしみにくいのが液体石鹸です。液体石鹸は石鹸と水の割合が3対7くらいなので、機械練り石鹸や枠練り石鹸よりも洗浄力がマイルドになるため、初めて石鹸シャンプーに挑戦する方は液体石鹸が良いと思います。


f:id:yukoss:20220628231247j:image

どれが合成洗剤なのか液体石鹸なのか分からない場合は、成分表示を確認してみて下さい。「石鹸素地(石鹸の原料)、水」「カリ含石鹸素地、水」などと明確に【石鹸】と書かれている商品は、液体石鹸です。

 

リンスは必要?不必要?

石鹸でシャンプーした後、リンスをするのかしないのか気になりますよね。基本的に、弱アルカリ性の石鹸でシャンプーした後は、クエン酸リンスします。石鹸でシャンプーすると髪のキューティクルが開いてしまうため、弱酸性のクエン酸リンスをすることによりキューティクルを元に戻します。

クエン酸リンスは市販でも石鹸シャンプーとセットで売られていますし、ご家庭にクエン酸があれば簡単に作れます。我が家でも使用していた時期がありましたが、髪がトゥルトゥルになるわけでも無く、指通りが良くなるわけでもないので、キチンと洗い流せば無くても良いかという話になり、クエン酸リンスは使わず、お風呂上がりにヘアオイルを付けることで髪の毛のケアをしています。

クエン酸リンスに関しては、個人的にはあればあったで役に立ちますし、無きゃないでも何とかなる、といった感じですね(笑)

 

おすすめの全身固形石鹸&液体石鹸

 

1、坊っちゃん石鹸

f:id:yukoss:20220628142428j:image


f:id:yukoss:20220628142438j:image

創業110余年の畑惣商店さんのロングセラー商品「坊っちゃん石鹸」。熟練の伝統製法で作り上げた石鹸は、全身を優しく洗い、さっぱりとした使い心地で数多くの方に愛されています。石鹸の原料に牛脂・ヤシ油を使用していて、比較的さっぱりとした石鹸です。

 

【ふるさと納税】地元スポーツチームとのコラボパッケージ!坊ちゃん石鹸セット

価格:11,000円
(2022/6/28 14:37時点)
感想(1件)

 

2、アレッポの石鹸ノーマル(オリーブオイル90%、ローレルオイル10%)

f:id:yukoss:20220628142506j:image

f:id:yukoss:20220628142514j:image

アレッポ石鹸は、シリアの特産品として現地で親しまれ、その歴史は古く、1000年以上前から作られています。石鹸の原料は、世界三大オイルにもなっている保湿力の高いオリーブオイルと、殺菌・抗菌作用の効果がある希少なローレルオイルを使っています。泡立ちは少し悪いですが、とてもしっとりとした石鹸なので、石鹸のつっぱりが苦手な方におすすめです。

ノーマルの他に、オリーブオイル100%の優しい洗浄力の「ライト」、フケやベタつき、痒みを抑えるローレルオイルが石鹸全体の40%使っている「エキストラ40」もあります。

 

アレッポの石鹸 3種類 3個セット エキストラ40 ノーマル ライト アレッポからの贈り物 無添加 シリア産

価格:2,230円
(2022/6/28 14:38時点)
感想(1件)

3、マルセイユ石鹸

f:id:yukoss:20220628142551j:image

f:id:yukoss:20220628142601j:image

フランスで生まれたマルセイユ石鹸アレッポの石鹸同様1000年以上前から作られている伝統的な石鹸です。人間の皮脂にも含まれているオレイン酸を多く含むオリーブオイルと、抗炎症・抗菌作用のあるラウリン酸を多く含むココナッツオイルで、しっとりとさっぱり、両方兼ね備えている石鹸です。大容量ですが石鹸自体は柔らかいので、カッター等で切って小分けにして使うことも可能です。また、通販だと大容量の石鹸も取り扱っています。

 

【送料無料・沖縄除く】マルセイユ石鹸 メートル・サボン・ド・マルセイユ 2000g

価格:5,980円
(2022/6/28 14:43時点)
感想(4件)

 

4、釜焚き枠練り石鹸

f:id:yukoss:20220628142643j:image

f:id:yukoss:20220628142653j:image

創業110余年の松山油脂さんの枠練り石鹸は、昔ながらの釜焚き製法で作られている石鹸で、もっちりとした泡が特徴です。保湿の王様と呼ばれている保湿成分であるシア脂が含まれているので、洗い上がりはしっとり。全身にも使えますが、特に洗顔に使用していただきたいです。

 

5、シャボン玉ベビーソープ(液体)

f:id:yukoss:20220628142819j:image

f:id:yukoss:20220628142827j:image

創業110年になったシャボン玉石けんさんから出ているベビーソープです。植物油脂とアボカドオイルで作られた石鹸素地は、洗い上がりさっぱり、それでいてしっとりとしています。ベビーソープではありますが、赤ちゃんから大人まで幅広使えます。また、ワンプッシュの泡の量が他の液体石鹸と比べて倍出るので、石鹸のみならず容器もおすすめポイントです。

 

【ふるさと納税】出産のお祝いに!おめでたいベビーギフト シャボン玉石けん ギフト 贈り物 6種 ベビーソープ 泡 スノール 固形石けん 石鹸 ベビースタイ 赤ん坊 お祝い 送料無料※着日指定送不可

価格:10,000円
(2022/6/28 14:45時点)
感想(0件)

6、無添加 泡の石けんボディーソープ(液体)

f:id:yukoss:20220628142926j:image

f:id:yukoss:20220628142934j:image

創業110余年のマックスから出ている液体石鹸は、収穫したパームを24時間以内に同じ工場で搾油、精製、石鹸を製造する事で、無添加でありながらとてもフレッシュな石鹸です。また、独自の黄金比ブレンドで洗い上がりはしっとり。ボディソープとはいえ、全身にも使えて、お値段は他の液体石鹸と比べてリーズナブルなのも嬉しいです。

 

マックス無添加全身9点セット お得ボックスギフト |ラスカル 泡シャンプー 泡ボディソープ ボディミルク 泡ハンドソープ ハンドローション 泡洗顔フォーム 無添加 ギフトボックス 敬老の日 赤ちゃん 肌が弱い 頭 髪の毛

価格:3,888円
(2022/6/28 14:46時点)
感想(4件)

大きい声では言えないのですが、我が家では、液体石鹸の容器はたくさん泡が出るシャボン玉石けんで、中身はコスパの良いマックスの液体石鹸を使っています(笑)

 

実際いくら安くなる?

全身用の石鹸はピンキリですが、今回紹介した固形石鹸は約500円、液体は約700円くらいですかね。

我が家の場合、大人2人に幼い子供達が4人で、固形石鹸だと約2週間、液体石鹸石鹸だと約1週間で無くなります。

 

固形石鹸で1年全身を洗った場合、

1か月1000円×12ヶ月で約12,000円

 

液体石鹸で1年全身を洗った場合、

1か月2800円×12ヶ月で約33,600円

 

仮に、シャンプー(約500円)、リンス(500円)、ボディーソープ(約500円)、洗顔料(約500円)を買って、2週間で無くなるとしたら、

1か月4000円×12ヶ月で約48,000円

 

ちなみに、我が家は敏感肌や幼い子供がいるので、シャンプーやボディソープは低刺激な物にするため、もっと費用がかかります。そうすると1か月約8000円、12ヶ月で約96,000円かかります。

 

これは我が家の場合なので、家族人数や子供の年齢によってかかる費用は高くも安くもなりますが、石鹸で洗った方が断然お得だと思います。

 

また、お風呂場に石鹸1つあれば十分なので、カビて掃除しにくいシャンプーラックも必要ありません。ストックする時も石鹸だけ置けばよいのでかなりスペースが空くと思います。固形石鹸に関しては、液体石鹸よりももっとかさばらないので、ちょっと多めに買っても大丈夫!(笑)

 

まとめ

石鹸は環境にも肌にも優しい洗浄剤で、コストパフォーマンスも良く、マルチに使えるまさにオールインワン商品です。どの石鹸も全身に使える訳ではなく、保湿成分を多く含む枠練り石鹸と液体石鹸が全身に向いています。石鹸で全身洗う事で、お風呂場が広く使えて、ストックが一本化し、費用もかなり抑えられる事と思います。

 

皆さんも、

肌にも、環境にも、お財布にも優しい石鹸で、全身洗ってみてはいかがですか?

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

畑惣商店 坊ちゃん石鹸 釜出し一番 175g

価格:398円
(2022/6/28 14:49時点)
感想(5件)

【P5倍!】【5個セット+ミニ石鹸20g付き】アレッポの石鹸 ノーマルタイプ 5個セット アレッポの石けん 無添加 シリア産

価格:3,465円
(2022/6/28 14:50時点)
感想(43件)

マルセイユ石鹸「メートル・サボン・ド・マルセイユ」サボン・ド・マルセイユ・オリーブ(300g)【サボンドマルセイユ マルセイユソープ オリーブ ソープ 無添加】【あす楽】

価格:880円
(2022/6/28 14:50時点)
感想(0件)

松山油脂 Mマークシリーズ 釜焚き枠練りせっけん 140g

価格:550円
(2022/6/28 14:51時点)
感想(0件)

シャボン玉 ベビーソープ 泡タイプ(450ml)【シャボン玉石けん】

価格:1,214円
(2022/6/28 14:51時点)
感想(2件)

【夜の市★合算2千円超で送料無料対象】マックス 無添加 泡の石けん ボディソープ 480ml 本体(泡タイプ無添加石けん)( 4902895037788 )※パッケージ変更の場合あり

価格:587円
(2022/6/28 14:52時点)
感想(1件)