石鹸のすゝめ

主人と4人の我が子の敏感肌・アトピーを治す!と奮闘している石鹸が好きな湯子のブログです。

【オキシクリーンとオキシウォッシュの違い】成分を比較してみた。

こんにちは、湯子です。


f:id:yukoss:20190920140725j:image

最近初めて購入しました【オキシクリーン】と、100均に売られている【オキシウォッシュ】

どちらも酸素系漂白剤ですが、どのような違いがあるのか調べてみました。

 

そもそも酸素系漂白剤は、塩素系とは違い、ツーンとする臭いもしなければ、有害なガスも出ません。塩素系の漂白剤は色物に使うと変色・脱色してしまいますが、酸素系は色物にも使える優れものです。

 

ここで言う酸素系漂白剤は、「過炭酸ナトリウム」の事です。

 

過炭酸ナトリウムとは、炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と過酸化水素が 2:3 の割合で混在してできたもので、漂白剤・除菌剤・消臭剤としてよく使われます。

使ったあとは炭酸ソーダと酸素、水に分解するので生分解の必要がなく、環境にも優しいのです。

 

酸素系漂白剤は、冷たい水ではなくお湯を使う事によりさらに効果がアップします。

 

それでは、2つを比べてみましょう!

 

【オキシクリーン】

f:id:yukoss:20190919164210j:image


f:id:yukoss:20190919164236j:image


f:id:yukoss:20190919164256j:image


f:id:yukoss:20190919164320j:image

成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)/炭酸ナトリウム(洗浄補助剤)

 

過炭酸ナトリウムに、さらに炭酸ナトリウムを加え、洗浄力をアップしています。

ザ・酸素系漂白剤ですね(笑)

 


f:id:yukoss:20190919170102j:image

 

我が家では、粉石鹸(※粉洗剤ではありません)と一緒にお湯で溶かしてお洗濯をしています。粉石鹸と酸素系漂白剤を使用する事により、さらに洗浄力がアップし、汚れを落としてくれます。

 

【オキシウォッシュ】

f:id:yukoss:20190919170608j:image


f:id:yukoss:20190919170632j:image

成分:過炭酸塩/炭酸塩/水軟化剤/過硫酸塩/界面活性剤

※塩=ナトリウム

 

炭酸塩まではオキシクリーンと同じですが、「水軟化剤/過硫酸塩/界面活性剤」がこちらには含まれています。

 

【水軟化剤】

水中のカルシウムやマグネシウムを取り込んで、水の硬度を下げ、洗浄力の低下を防ぐ成分。

【過硫酸塩(過硫酸ナトリウム)】

強力な酸化剤。

 

【界面活性剤】

洗剤。洗浄成分。

 

海外では、硬水で洗濯する地域もありカルシウムやマグネシウムの金属イオンを多く含んでいます。そのため、衣服がごわついたり、汚れ落ちが悪いなどのトラブルが起こります。日本の水は海外に比べると硬くはありませんが、金属イオンは含まれています。

過硫酸ナトリウムは過炭酸ナトリウムの補助剤のようなものかと思います。より酸化させることにより、汚れをはがれ落ちやすくするためではないかなと。

界面活性剤は、洗剤や石鹸などの洗浄成分の事です。粉洗剤が含まれていると思ってください。

 

オキシクリーンもオキシウォッシュも似たような成分ですが、成分表からみると、オキシウォッシュの方が補助剤を多く含み、界面活性剤も含まれているのが分かりました。

また、気軽に酸素系漂白剤を試したい方には100均で買えるオキシウォッシュが丁度良いサイズだと思います。

オキシクリーンは、成分がシンプルだからこそ、安心して使えるという部分もあります。もし、赤ちゃんの衣服に使うのであれば、オキシクリーンの方がより安全かなと思います。

 

酸素系漂白剤は、お洗濯のみならず、キッチンにも使えます。また、風呂釜の洗浄に使用したり、オキシ漬けで簡単に安全に漂白・除菌する事ができます。使用用途は様々です。

これから自分も色々試してみたいと思います。