石鹸のすゝめ

主人と4人の我が子の敏感肌・アトピーを治す!と奮闘している石鹸が好きな湯子のブログです。

【石鹸は肌に悪い?荒れる?合わない?】石鹸に対して間違った考えを解説

こんにちは、石鹸大好き湯子です。

石鹸についてインターネットで調べていると、「石鹸は肌に悪い」「石鹸にしたら肌が荒れた」「石鹸は肌に合わない」など、石鹸を使おうとしたけど、挫折してしまったりする方もいると思います。

確かに石鹸は身体にも環境にも優しい洗浄剤ですが、全ての方のお肌にも合うかと言ったらそうではありません。肌の感じ方は人それぞれです。

しかし、本当は合っているのに間違った認識で石鹸の魅力が損なわれるのは見逃せません!←

今回は、なぜ肌に悪いと思われているのか?なぜ荒れるのか?その原因を解いていこうと思います。

 

石鹸が肌に悪いと言われている原因

 

石鹸は劇物から作られている?


f:id:yukoss:20200901112306j:image

石鹸は動植物の油脂と水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)又は水酸化カリウムという「アルカリ剤」を混ぜ合わせ、反応させて作られています。水酸化ナトリウムは主に固形石鹸、水酸化カリウムは液体石鹸として使用されています。水酸化ナトリウム劇物扱いなので、市販では売られておらず、薬局での取り扱いとなります。

強いアルカリ剤はタンパク質を腐食する作用を持っており、皮膚に付くと溶けてしまいます。「そんな劇物が使われている石鹸は、肌に悪い」というイメージがついたのかもしれませんね。

 

結論から言うと、安全です。

確かに水酸化ナトリウムだけだと劇物になり大変危険ですが、適正な量で油脂と反応することにより石鹸(石ケン素地)になり、皮膚が腐食するなどの危険性はなくなります。

ましてや、市販で売られている石鹸は、厳しい審査を通り、皮膚の洗浄に使用しても良いと許可を得て売られています。


f:id:yukoss:20200830230745j:image

名称のところに、「化粧石けん」と書かれていますが、石鹸も化粧品の部類なんです。安心して使用して下さい。

 

ハンドメイド石鹸に注意f:id:yukoss:20200830231550j:image

石鹸は道具が揃えばご家庭でも作れるので、ハンドメイドサイトで出品している方もいらっしゃいます。しかし、先ほどもお話しましたが、石鹸は厳しい審査をクリアした石鹸でないと「化粧石鹸」という表記はできないのです。個人で作った石鹸は「化粧石鹸」ではないので、皮膚の洗浄を目的として販売してはいけません。こう言ってはなんですが、素人が作った石鹸は危険です。万が一、アルカリ剤が溶け残っている石鹸を皮膚に使用すると、それこそお肌に悪いです。中にはプロレベルで作られていて、肌へ使用しても問題ない程の石鹸を作っている作家さんもいると思いますが、肌へ使うというならば、あくまでも「自己責任」になります。

 

石鹸は洗浄力が高すぎてつっぱる・乾燥する


f:id:yukoss:20200831203110j:image

石鹸を使うと、つっぱる感覚があると思います。顔に使うと余計に感じやすいです。

肌がつっぱると乾燥して、お肌に悪いんじゃないかと思ってしまいますよね。

 

私たちのお肌は弱酸性で、石鹸は弱アルカリ性。石鹸で肌を洗う事により中和され、皮脂汚れを綺麗さっぱりと洗い流してくれます。皮脂汚れが落ちると言うことは、肌の油分が無くなる=肌がつっぱるのです。(石鹸を使わず、熱めのお湯を顔につけてもつっぱります)

また、石鹸は水を多く含むと界面活性作用を失うので、肌に石鹸成分が残る事はありません。

とはいえ、確かに市販で売られている石鹸は、洗浄力が高めだと私も感じています。機械で大量生産されている石鹸は、石鹸成分が9割9分で、残りが添加物や保湿成分になります。


f:id:yukoss:20200831141339j:image

そのような場合は、「枠練り石鹸」という石鹸を試してみて下さい。身直な石鹸だと、透明な石鹸は、すべてこれにあたります。石鹸成分は6割~7割程度なので、洗浄力がマイルドです。

 

ちなみに合成洗顔料はきちんと洗い流さないとお肌に残ったままで、界面活性作用が継続します。肌にずっと洗剤を付着させていることになり、肌荒れの原因にもつながります。

 

 

石鹸に変えたらニキビや吹き出物が増えた?


f:id:yukoss:20200831203306j:image


「石鹸はお肌に良い事は知っているが、使ってみたら肌がテカったり、ニキビや吹き出物が出てきたりしたから止めた。」という方はいませんか?そうすると、自分には石鹸が合っていないんだ、石鹸はもう使いたくないって思ってしまいますよね。

実はそれ、「好転反応」かもしれません。

今まで使っていた合成洗顔料がお肌に慣れてしまっているため、自然派の石鹸を使うと、お肌に蓄積された合成洗顔料の毒素を外に出そうとしているため、お肌が変化します。この変化がテカりやニキビなのです。お肌が変化すると不安になりますが、それはお肌に合っている証拠でもあります。

肌が荒れたからといって、すぐ石鹸を止めるのではなく、石鹸を使い続けてみてください。きっと新しいお肌に生まれ変わるはずです。

 

これは、石鹸から石鹸に変える時にもなります。私も最近、石鹸を変えたら垢がボロボロと出てきました。これも好転反応なんです。今は落ち着いてお肌の調子は良いです。

好転反応の出方は人それぞれです。出ない方もいます。しかし、好転反応なのか、それとも本当に肌に合っていないのかを見極めるのは難しいですよね。石鹸を使って痒み、痛み、蕁麻疹など、明らかに肌が変化した場合は、石鹸を止めた方が良いと思います。

 

まとめ

今は合成界面活性剤で洗顔したり、体を洗ったりするのが当たり前になっています。体がそれに慣れているため、石鹸の使い心地に慣れなく、肌がつっぱる、肌が荒れたと感じてしまうのだと思います。しかし、それは本来の肌に戻ろうとしている証拠でもあります。肌が荒れたからといって、石鹸を直ぐに止めるのではなく、使い続けてみる事をおすすめします。

石鹸でお肌を清潔にした後は、しっかりと保湿して下さいね。

 

 

 

yukoss.hatenablog.com

 

yukoss.hatenablog.com 

 

yukoss.hatenablog.com